身近な植物と菌類 〜近畿の季節の野草〜クワ科

イヌビワ

クワ科|2014,08,19
イヌビワ
08月 川縁で撮影 立派な雌木 熟した黒い実も多くついている

イヌビワ
05月 竹やぶで撮影 恐らく雄木

イヌビワ雌木の偽果(食用)
08月 雌木の偽果(果嚢)は熟すと頂部から蜜が溢れ始める。
これを合図に、虫はもちろん、鳥も競うように食べに来る。
イヌビワ雌木


イヌビワ雄木の偽果
雄木の偽果(=花嚢)は赤く美しいが、中は乾いており果汁もなく、食べられない。
中にあるのは花であり、下画像のようにおしべがつまっている。
イヌビワ雄木


・・覚書・・ (随時追記変更)

科名属名/クワ科イチジク属
花期(一般)/4-5月
花色/偽果の中で咲くため外からは見えない
樹高/1〜5m
食毒/可食。雌木の果実、および若葉
薬効/民間薬として利用されている
備考/落葉低木

イヌビワの実を食べるなら、黒くて艶と張りがあって先から蜜が出ているものにする。
よく熟したものは 手で簡単に皮がむける。ただし、味は薄くて甘みは足りず、たいして美味しくはない。むかずに皮ごとでも食べられるが、皮はややほろ苦い。

雌雄異株(木)で、どちらもイチジク状の偽果(=花嚢)をつけるが、雌木の偽果(果嚢)のみ食べられる。花は花嚢の内側にあり、外側から見えない。雌株の偽果は黒く塾し甘い蜜があふれてくる頃に食べ頃となる。
鳥には大変好まれ、スズメ、カラス、ヒヨドリといった鳥が多く訪れて食べるせいか、あちこちで芽吹いて育っているのをみかける。

雄株の赤い偽果は食用にならない。冬の厳寒期も雄株の赤い偽果が目立って綺麗だが、実を割っても役割を終えた雄しべと虫(イチジクコバチ科のイヌビワコバチ)が出てくるだけだ。


当サイトに掲載しているいかなる情報も正確である保証は無く、誤りの可能性があります。ご理解の上ご覧下さい。

当サイトは予告なく 写真の追加や差替え・文章の加筆修正を行います。

当サイトを含め、ネットで見た情報だけを頼りに山菜採りや薬草採りをしないで下さい。最悪の場合、中毒死の可能性があります。

ネット上には多くの情報がありますが、(当サイトを含めて)正しいとは限りません。 検索上位であっても誤情報は多数あります。情報を活用する際には専門書で確認の上、自己責任においてご利用下さい