身近な植物と菌類 〜近畿の季節の野草〜

Marli.T

当ブログの植物分類体系は基本的には「新エングラー」で、最新の分類法APGではありません

サイト開設当時は1999年だった。
まだ今のように数多のウェブやブログは存在せず(または検索にヒットせず)、当時の自分が「こんなのがあれば見たかったのに」と思うようなサイトを作ったが、それも時の流れでガラリと変わる。いまや良サイトが百花繚乱だ。

見たいもの、考え方、学名の情勢も変わった。
とくに学名の情勢の変わりようは凄まじい。分類は今、遺伝子レベルが主流となりつつあり、それすら短期間で2転3転する時代になった。

分類学の学者の皆さんは当分紛糾するだろうし、APG分類体系が落ち着くのは もっと先になるだろう。
私が生きている間には、ひょっとして無理かもしれない。そこでもう学名をおもてに表示させるのはやめようと考えた

ただし、検索のためには科属が必要なので、日本語の表示は残してある。初めて見る植物の名前を知るのに有効なのは、すでに知っている植物の中から似ているものを思い浮かべ、そこから科をあたり、時には属を推測して、あたりをつけて図鑑をひく事だろう。

それには伝統的な分類方法である形態学的な新エングラー分類が助けになる。私のブログでは、新エングラーを主軸に、流動的な科属は両方を併記していく。今後も自分が見返して楽しいサイトを作り、覚えた情報を加えて変更して行くつもりだ。

これからはもっとラフに楽しんでやっていきたい。同定しきれず、よくわからないままのものも載せていく事にした。載せたい詳細データが全て揃う前に記事をあげて、後からおいおい付け足していけばいいと考えている。

元のサイトの時に使っていた「花色別」や「撮影月別」のデータを気に入ってくれていた方がいたとしたら(消してしまった事は)大変申し訳ないが、今のブログには検索窓がつけてある。

花の色、花期、海浜植物などの環境、春の七草など色々なキーワードで検索できるよう、あらかじめ予想して記事内にタグをつけてある。今時の皆さんなら、きっと活用できるだろうと思う。

2014年8月某日 Marli T
2016年12月某日 加筆修正


「記事内の画像」の引用・転載について

・日本の出版社から出版される書籍・日本国内の番組への画像の引用転載は、数点の範囲内の画像点数なら無償です。
(ただし、作成を請け負った個人や会社が「画像素材の料金」として金銭を受領する事は、お断りします)
・学校教育現場や社内報など、一般広域に配布や公開せず、かつ販売しないものへの画像使用は、許可をとる必要はありません
・個人ブログや広域掲示板などへの画像転載は、配布素材の1つにしない、著作者を偽らない、自作であるような誤解を招かない、数点の画像まで、以上の基準を満たしていれば、許可をとる必要はありません
・状況の許す限り、出典(ブログ名)かURLなどを明示して下さい。
・上記にあてはまらない転載引用に関するお問合せはメールフォームでどうぞ。


メールフォーム

メールフォームを開く
※返答が数日以上かかる場合があります。著作権表示が入っていない原画のご希望があっても、締め切りギリギリのお問い合わせには応えられません。


撮影場所に関する問合せは基本お断りします

※学術目的でも、学生さんからの問合せは回答しません
※記事に書いてある以上の地域情報は出せません。
※知人でも同じです。
※どのようなお約束(絶対に他に漏らさないから等)を提示されても同じです。
※「だめもと」でお問い合わせされても返信しません。

近頃では普通種であっても安心できません。
海外への転売目的による悪辣な採集もあれば、目的のわからない根こそぎの乱獲を繰り返す人も少なからずいます。言葉を尽くしていただいても判断は難しく、結果、どなたにもお答えしないという結論に至った事をご理解下さい。
当サイトに掲載しているいかなる情報も正確である保証は無く、誤りの可能性があります。ご理解の上ご覧下さい。

当サイトは予告なく 写真の追加や差替え・文章の加筆修正を行います。

当サイトを含め、ネットで見た情報だけを頼りに山菜採りや薬草採りをしないで下さい。最悪の場合、中毒死の可能性があります。

ネット上には多くの情報がありますが、(当サイトを含めて)正しいとは限りません。 検索上位であっても誤情報は多数あります。情報を活用する際には専門書で確認の上、自己責任においてご利用下さい